お役立ち記事

【完全版】NHKの受信料を払わないで、拒否し続ける方法を徹底解説

引っ越ししたり、家を購入するとNHKの集金人がやってきますよね。

彼らってものすごくしつこくて、こちらの都合なんて関係なく

NHKと契約する義務があること法律で決まっていますよ

と契約を迫ってきます。

正直言って、「契約したくない」し、「受信料を払いたくない」ですよね?

私自身引越しを5回ほど経験しているので、その度にNHKを撃退してきました。(苦い思い出もあります)

それを踏まえて、この記事では

  • NHKの受信料を払わない方法
  • NHKの集金人を撃退する方法

について徹底解説していきます!

前提:NHKの受信料の支払い義務は法律(放送法第64条)で明示されています

あまり詳しくない人は「えっ?」と思ったかもしれません。

この記事では、NHKの受信料を支払わない・拒否する方法を紹介していますからね・・・

ただ結論から言うと、放送法でNHK受信料の支払いの義務があることがはっきりと書かれています。

【放送法第64条(受信契約及び受信料) 】
第1項  協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送(音声その他の音響を送る放送であつて、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものをいう。第126条第1項において同じ。)若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。

言い方を変えればNHKはこの法律を根拠に契約を迫って来て、払わせようとしてくるわけです。

テレビがあるだけで月額1310円、衛星放送なら月額2280円も払わないといけないなんて理不尽ですよね。

特に、NHKが嫌いだったりNHKを見ていない人ほど思うはず。

そこでうまくかいくぐって払っていない人がいるのも確かです。

契約の公式によればNHKと契約している割合は約7割とのこと。

裏を返せば、3割の人がNHKと契約すらしていないわけです。

NHKの受信料を払いたくないなら、絶対に契約をしないこと

NHKから受信料を取られてしまうのは、NHKと契約をした後です。

契約をした後に受信料を払わないようにすることもできますが、はるかに難易度が上がります。

あなたがまだNHKと契約をしていないなら、絶対に契約をしないように対策するべきです。

まずはNHKの集金人を撃退せよ

NHKの集金人は引っ越したり、まだ契約をしていない世帯を中心に毎日のように訪問しています。

集金人に契約を迫られなければ契約をする必要はないので、NHKの集金人を撃退することから始めましょう。

NHK集金人は命がけで契約を迫ってくるぞ!

NHKの受信料の集金人はこの上なく必死であなたを契約させようとしてきます。

理由は簡単、彼らにはノルマがあるし、契約数=彼らの給料・会社での評価だからです。

NHKの集金人はNHKの社員でもNHKに雇われているわけでもなく、NHKが委託している会社のスタッフです。

ほとんどの集金人は営業成績で給料が決まってくるため、契約数=自分のふところに入ってくるお金なのです。

あの手この手を使って、契約させようとしてくるのでこちらも対策しておくべし!

①NHK集金人と会話をするな

まず、集金人を家にいれないことが一番大事です。

NHK集金人は絶対に、

NHKのものですが・・・

とインターホン越しに言ってきません。

NHKの集金人であることがバレたら、軽くあしらわれてしまうからですね。

何としてでも面会しようと上手いこと言ってきます。

できるだけ会話時間を少なくするために、(NHK未契約の場合は)よく分からない訪問者がきたら、忙しいので失礼しますと即インターホンを切ってください。

彼らは百戦錬磨の営業マン、何十件・何百件と強引に契約を勝ち取ってきた猛者です。

話せば話すほど拒否しづらくなるので、話さない・接しないことが一番大事です。

②NHK集金人と面会してしまったら、「テレビを設置していない」という

基本は集金人と「面会しない」ことが一番大事ですが、うっかり家にいれてしまうこともありますよね。

そんな場合は、「すみませんが、テレビを設置していません」といきなり言い切りましょう。

テレビがない世帯はNHKと契約しなくて良いことが法律で決まっています。

本当になければ「ない」と言い切れば良いだけですし、設置していたとしても「テレビがありません」と告げましょう。

ほとんどの集金人はこれだけで帰っていきます。

今までの私の例ですと、

そうですか、では失礼します。
わかりました。今後設置される可能性もありますので、定期的に訪問いたします。

こんな感じが8割ですね。

中にはしぶとい集金人もいて、

本当にテレビがないか確かめさせてください。

と言ってくる人もいます。

本当になければ見せればいいだけですし、もしあったとしても、

  • 「今から仕事に行かないといけないのでそんな時間はありません。」
  • 「訪問客がいるので、中に入ってもらうことができません。」

と適当な理由をつけてはっきりと断ればOKです。

向こうも無断で入ることはできないため、帰るしか選択肢がありません。

NHK撃退シールで、NHK集金人がこないようにすることもできるぞ

NHKから国民を守る党というのはご存知ですか?

主要な駅で演説していることも多いですが、「NHKをぶっ壊す」で有名な、現役区議会議員の立花孝志氏が代表を務めている団体です。

NHK撃退シールとは、NHKから国民を守る党が無料配布しているシールです。

あらかじめこのシールを玄関先に貼っておき、貼っているにもかかわらず、NHK関係者が来たらNHKから国民を守る党が対応をしてくれるという優れもの。

YOUTUBEのコメント欄を見るだけでも、NHK撃退シールの効果の高さがわかりますよね。

かなり前に、撃退シールを応募しまして早速、マンションのポストに貼ったらそれ以降、一度もインターホンが鳴ったりポストに契約書が入っていたりが無くなりました。

使ってる者ですが。使い始めて一年くらい経ちますが、使う前までは一ヶ月に1~2回はピンポンされてほんとうざかった。見てもないのに知らずになんとなく契約してしまいましたが、使いだしてから、ほんとに来なくなった。 半年に一度くらいくるんですが、今まではしつこく5~6回呼び鈴鳴らされたりしたのに使ってる今は半年に一度くらいきて、1回ピンポンしたらなんか慌てて帰ってますね。

できるだけNHK集金人とのやりとりを避けたいなら、使ってみることをお勧めします。

NHKと契約しない方法まとめ(上手な断り方)

NHKと契約しない方法
  1. NHKと契約さえしなければ問題ない
  2. 集金人をインターホン越しに見極め、会話をしない
  3. 面会してしまったら、「テレビを設置していない」ときっぱり言う

基本は以上の3点を守っていれば大丈夫です。

NHK受信料を払わない①番の方法は、NHKと契約をしないこと

これを肝に命じておきましょう!

もしNHKと契約をしてしまったら?

すでにNHKと契約をしてしまった場合は、払わない方法を取るのが一番ラクです。

手っ取り早い方法としては、

  1. マイナスにならない口座を用意し、お金を入れないでおく
  2. コンビニ払いに変更し滞納する

この2つが現実的です。

私はかつて契約してしまった時に①の方法をとり、4年にわたり滞納していましたが何もなく終わりました。

請求書や督促状がきますが、完全無視でも問題ありません。

NHK側から裁判をおこされることもあるようですが、その確率は極めて低い模様。(0.1パーセントを切るくらいの確率らしい)

法人なんかは、NHKから目をつけられることも結構あるみたいですけどね。

仮に裁判を起こされても5年以上遡って請求することはできませんので、5年の滞納分だけ払えばいいわけです。

NHKとの放送受信契約を解約することもできる

NHKと契約してしまっても、解約することは当然できます。

やり方としてはこの2つが考えられますが、私のオススメは①です。

  1. テレビを撤去したことを伝え、解約する
  2. 転居したことにする

テレビがなければお金を払う必要がないわけなので、NHKの窓口にテレビを撤去したことを伝え、解約しましょう。

NHKにはインターネットで解約するフォームはないので、ナビダイヤルで伝えるしかありません。

電話番号:0570-077-077

受付時間;午前9時〜午後8時(土日祝も可)

NHKも簡単に解約させたくはないので、証明できる書類の提出を求められることもあるそうです。

具体的には、テレビを売ったことがわかるレシート・撤去したことがわかる業者のレシートなどがそれにあたります。

それらの書類がない場合は、テレビがないことを確認しにきてもらうこともできるようです。

チェックの時だけテレビを隠しておくこともできますが、解約後は何度も確認にやって来る可能性があるので、そこだけは注意してくださいね。

まとめ:NHKの受信料を払わない方法

私は学生の時に一度契約してしまってお金を払った苦い思い出があります。

ただ、以上のことを意識して立ち回ってきた結果10年近く払わずにきています。(実際にテレビを設置していないことも多いですが)

賛否両論あるかもしれませんが、NHKの受信料を払わないという選択肢を取ることも可能です。

  • NHKと契約する前なら、NHK集金人を寄せ付けないこと
  • NHKと契約後なら、①受信料を払わない・②解約するを選ぶ。

NHKの受信料は決して高くないですが、長く契約していると10万円単位の差が出てきます。

うまく立ち回れるようにしておくべし!

NHK集金人(訪問員)の特徴と見分け方。悪質な集金人は相手にするな!NHKの集金人(訪問員) それは、引っ越した後やNHKと未契約だと頻繁にやってきて、契約を迫って来るNHK受信料の集金人である・・...